〜大ちゃんのbj平屋建築日記〜

セキスイハイムでbj平屋の建築日記(o^^o)30坪、4LDK、太陽光9.98kw、総タイル、快適エアリー、ステンレス屋根、シアタールーム(^^)

三角スケール買いました(o^^o)

皆さんおはようございます‼️V(^_^)V

熊本の大雨凄かったです💦💦

熊本市西区は1時間で110ミリ降ったみたいです(°_°)


地震の次は大雨💦


さてさて!皆さんも打合せで間取りの説明を受けるときに営業さんや、設計さんが持っている三角スケールをご存知でしょうか⁉︎(^^)


ハイムの設計図は60分の1で作ってますよね、実際にどの位の大きさなのか設計図を見ただけでは想像ができませんよね⁉︎(°_°)

特に収納の大きさだったり、LDKのソファやダイニングテーブルの配置などなど…

そこで使うのが三角スケール!



ホームセンターなどに売ってあると思います(^^)


これがあると、実際の大きさが想像しやすくなると思います(^^)


私が購入したのは600分の1スケールだったので、これを10分の1すればいいのです!(^^)


例えば、シアタールームの横の長さを知りたい時はこの様に計ります。



壁と壁の間の距離を測りたいので、左壁のメモリを読みます。



メモリは26と示されています。単位はメートルなので26メートル!

それはでかすぎますよね⁉︎笑

この三角スケールは600分の1で図面は60分の1なので26を10で割ります。


そうすると26÷10=2.6

これでわかりましたよね⁉︎

この壁の横幅は2.6メートルとなりますV(^_^)V


これを応用すると収納の大きさや、廊下の長さ、ソファの配置など実際の長さをイメージすることができます(o^^o)‼️


これから打合せが続く方は是非使ってみてください(^^)


60分の1の三角スケールがあれば、面倒な計算はいらないので楽かもしれません(o^^o)



こちらの図面は60分の1ではなく、50分の1の図面です!



この場合は三角スケールの500分の1を使用します(^^)



同じ様に26です!10で割ると2.6メートルとなります(o^^o)


図面の縮尺を確認してスケールを使い分けると良いですね(^^)


分かりにくい説明で申し訳有りません。



読み終わりましたら皆さんのポチッとよろしくお願いしますp(^_^)q

ランキング参加しております。

セキスイハイムの上位方のブログ見れますよ(^^)↓↓↓↓↓↓↓

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。